tel.026-284-4455

お問い合わせ

BLOGブログ

2007.05.18

ラスベガス&グランドキャニオン

帰ってきました。

一週間の旅でしたが終わってみればあっというまです。

天気も良く体調も良く貴重な体験が出来ました。

まずはサンフランシスコ経由でラスベガスへ行ってきました。

空港へ着くと搭乗口にはスロットマシーンがありました。

写真を撮りたかったのですがカジノは写真撮影不可とのこと。

スロットマシーンをやってみましたが

日本のスロットマシーンは自分で押してリールを止めますが

こちらは勝手に止まります。

1セントから賭けることができますがあっという間に

無くなったのでこれはやばいと思い、熱くなる前に止めました。

但し3ドルが40億円になった人もいたそうで・・・。

まさにギャンブルの街といった感じでお金がいくらあっても

足りません。

使う人はとことん使うようです。

ラスベガスは消費税はありますがその他の税金は

ないそうです。潤ってます。

まぁとにかく全てが大きい!

建物も大きければ字も大きい。

夜の街はネオンがすごい。24時間眠らない街です。

治安ですがメインストリートは夜中歩いていても平気ですが

ちょっと脇道に入ると危険とのこと。

夜、歩くのはちょっとドキドキしました。

翌日は一度行ってみたかったグランドキャニオン。

プロペラ機に乗って一時間で着きます。

空からは今まで見たことのない風景で感動です。

「すげ~」の一言。

ラスベガスのネオンもすごかったですが私はこちらが好きです。

柵のないところもありこんな看板がありました。

リスかな?

コンドルもいました。

翼を広げると3mになるそうです。

絶滅の恐れがあり保護団体が翼に番号を付けて管理してるそうです。

一昨年はナイアガラの滝も見てきましたが

グランドキャニオンのほうが見ていて飽きなかったです。

次回はロサンゼルスを紹介。

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事

SEARCH

CATEGORY

NEW POST

RANKING

ARCHIVE

AI STYLE ROOM

家具が作る空間と居場所 AI STYLE ROOM

2階の展示空間を北欧、モダン、コンテンポラリーなど様々なスタイルに
合わせた家具を暮らしやサイズ感をイメージできるように展示するブースや
子供室、床座リビングのブースをがご覧いただけます。
各スタイルのブースには選りすぐりの温かみのある家具が展示されています。

詳細はこちら

お気に入りの椅子と暮らす

TSUZUKU
#14 TSUZUKU
2020.11.19 低座椅子

低座椅子。一般的な椅子よりも少し低めの椅子を低座椅子と呼ぶものがあります。1955年にデザインされた低座の名作椅子。デザインした豊口克平氏の名からトヨさんの椅子と呼ばれます。大きな座面と背もたれが腰から上半身を面で支えて…

続きを見る 過去の記事はこちら

CONTRACT法人のお客様へ

アイでは法人のお客様からの特注家具も承っております。
美容室や飲食店、医療施設や会社応接室で使う椅子やソファ、テーブル、棚など空間に寄り添う快適性の高い家具をご提案いたします。