tel.026-284-4455

お問い合わせ

BLOGブログ

2012.07.15

南米旅行/マチュピチュ・チチカカ湖・リマ編

今日は今回の旅行の最後まで書くのでちょっと長いです。

7月6日(金)

この旅のメインであるマチュピチュへ。

朝のマチュピチュ村。



ホテル近くのバス停から

マチュピチュ遺跡の入口までは約30分。



この旅一番の感動。

マチュピチュは、15世紀~16世紀に築かれ、

750人ほどが住んでいたとされるが、

居住時期や建造目的など、

詳しいことはわかっていない。



200種類以上の作物を栽培していたことから

農業試験場だったとも言われています。



1911年にアメリカの歴史学者ハイラム・ビンガムによって発見。

周辺の自然環境と共にユネスコの

世界複合遺産(文化遺産と自然遺産)に登録。



「太陽をつなぎとめる石」という意味を持つ岩。

日時計として使われたとも考えられている。





時間があったのでインカ橋を見学。



敵が来た時に橋(丸太)を落とすそうです。



お昼ご飯

豚の皮を食べました。

パリパリしてます。



夕方、マチュピチュの駅へ

駅周辺にはお土産屋さんがいくつもあります。



再び列車とバスに乗りクスコへ。



列車内からの景色も素晴らしかったです。



夜クスコに到着し夕飯。

アンデス民謡であるコンドルは飛んで行く。

サイモン&ガーファンクルが歌詞をつけて大ヒット!

このフォルクローレを楽しみながら・・・

クイ=モルモットを食べました。

鶏肉に近い感じです。

アンデス高地の先住民によって祝い事のみに

出されるご馳走だったそうです。



7月7日(土)

この日はクスコからバスへプーノヘ

8時間のバスの旅です。



途中で立ち寄ったパンだけを作る町のパン。

これめちゃくちゃ美味しい!!

パンを持っている女性は添乗員さん。

ベテランの方らしく初日に飛行機が遅れた時には

迅速にホテルを手配してくれたり、

観光地では現地ガイドさんよりも豊富な知識で

説明をしてくれました。

この方のおかげで旅がより一層楽しくなったと思います。

JTBの添乗員さんです。



トイレ休憩で寄ったお土産屋さんでは

動物達と一緒に昨日食べたクイも。

ちなみにペルーではこういった場所でのトイレはUS1$でした。



さらに途中で標高4335mアンデス山脈・ララヤ峠

バスを降りるとちょっと息苦しかったです。

そして寒い。



現地の家族に一緒に写真を撮りたいと言われて・・・



現地の民家も訪問



トイレに行きたいと伝えると

その辺でして結構ですよ・・・と

その辺・・・



そしてようやくプーノ/チチカカ湖(標高3890m)に到着



チチカカ湖では小舟に乗り浮島へ



太陽光による発電で電気があります。



浮島の材料となるトトラを試食



この船に乗り



漕いでみた



ホテルへ

リベルタドール レイク チチカカ

Wi-Fi無料

チチカカ湖が見える素敵な部屋



さて、お楽しみの夕飯となりましたが

ここで異変が・・・頭痛と食欲不振。

念のためホテル内の医務室で酸素を吸引(約10分)

酸素吸引後はよくなりましたが部屋に戻ると頭痛と寒気。

一晩寝て朝には食欲も戻りよくなりました。

これもまた良い経験です。



7月8日(日)

プーノからリマへ戻ります。

お昼に着いてリマで一番の人気店と言われるレストランで食事。

ペルーのお酒ピスコサワー。よく飲んだな~。



午後は世界遺産リマ歴史地区を観光



最終日の夕飯は円卓で

ツアー参加者みんなで中華

ペルーでも中華料理は人気だそうです。



いくつかおみやげも買ってきました。

現地ガイドさんからは人気で無いと言われましたが、

最終日に空港で見つけたスタバのご当地タンブラー。



7月9日(月)

リマからロサンゼルスへ(約8時間40分のフライト)



ロサンゼルスから成田へ(約11時間25分のフライト)

日付変更線を通過し



7月10日(火)

疲れていたのでしょう。寝ていたので

あっという間に成田に到着しました。



ありがとう…この言葉を何回使っただろう。

現地の人も私に遠い日本からよく来たね

ありがとうってみんな言ってくれました。

笑顔であいさつや感謝の気持ちを伝えると

旅ってとても楽しくなります。

飛行機が遅れたり、忘れ物したり、

お腹を壊したり、高山病にもなりました。

それでも旅は楽しい!

ペルーは滞在期間も長かったので特に印象深ったです。



来年はインドかな。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事

SEARCH

CATEGORY

NEW POST

RANKING

ARCHIVE

AI STYLE ROOM

家具が作る空間と居場所 AI STYLE ROOM

2階の展示空間を北欧、モダン、コンテンポラリーなど様々なスタイルに
合わせた家具を暮らしやサイズ感をイメージできるように展示するブースや
子供室、床座リビングのブースをがご覧いただけます。
各スタイルのブースには選りすぐりの温かみのある家具が展示されています。

詳細はこちら

お気に入りの椅子と暮らす

TSUZUKU
# TSUZUKU
2020.03.20 家具の材料

お気に入りの椅子を選んだのであれば次に決めるのは材料でしょうか。 アイで扱う家具の主な材料ナラ材昔から家具を作る適材としてポピュラーです。北米産のオークは類似種です。           ウォールナッ…

続きを見る 過去の記事はこちら

CONTRACT法人のお客様へ

アイでは法人のお客様からの特注家具も承っております。
美容室や飲食店、医療施設や会社応接室で使う椅子やソファ、テーブル、棚など空間に寄り添う快適性の高い家具をご提案いたします。