tel.026-284-4455

お問い合わせ

EVENT & WORK SHOPイベント&ワークショップ

イベント

2020.10.01

木の椅子展♯18 トヨさんの椅子11月1日(日)~11月29日(日)

今年最後の木の椅子展。

今回は日本の椅子。

1955年にデザインされた低座の名作椅子「トヨさんの椅子」

 

角度やフォルムを研究した絶妙な座面のカーブが特徴の椅子で、あぐら、横座りなど、姿勢の自由度は抜群です。

 

 

デザイン:豊口克平 写真提供:秋岡陽/目黒区美術館

1905年秋田県鹿角市生まれ。東京高等工芸学校卒業。1928年にバウハウスの理念に基づいたデザイン研究団体「形而工房」を結成、量産向けの家具作品を発表する。1933~59年まで商工省工芸指導所に勤務。1959年に豊口デザイン研究室を開設。その後、桑沢デザイン研究所、武蔵野美術大学教授、日本インダストリアルデザイナー協会理事など歴任。1991年没。

 

 

40年以上に渡り機能性と美しさを追求し続け、全ての経験が、このシンプルな一脚に詰まっています。背もたれとアームは、最上級の座り心地が得られるよう人間工学的にデザインされ、計算し尽くされた細部に至るまでの心配りは、その座り心地に表れています。

 

 

座面高37cmという寸法は、靴を脱いで暮らす日本人の生活様式と、椅子に座った人と畳に座った人の目線の差を考えて導き出されたもの。一脚の椅子で食べる、寛ぐ、作業するのを兼ねるためにも、この座面の高さがベストと考えて設定されました。

 

 

次に座面と背もたれのご注目。芯材には成型合板を使い、複雑なカーブを作り出すことで体圧分散性を高めています。角度も豊口氏の研究成果の賜物。休憩にも作業にも適応する角度に設定されています。さらに脚の長さにあわせて座面の前後位置(奥行)を変えることができるなど、座り心地を高める工夫が随所に盛り込まれています。

 

 

日本人のための椅子を生涯にわたり研究した豊口克平が、1955年にデザインした低座の名作椅子です。大きな座面と背もたれが腰から上半身を面で支えてくれるので、長時間座っても疲れにくいのが特徴です。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事

AI STYLE ROOM

家具が作る空間と居場所 AI STYLE ROOM

2階の展示空間を北欧、モダン、コンテンポラリーなど様々なスタイルに
合わせた家具を暮らしやサイズ感をイメージできるように展示するブースや
子供室、床座リビングのブースをがご覧いただけます。
各スタイルのブースには選りすぐりの温かみのある家具が展示されています。

詳細はこちら

お気に入りの椅子と暮らす

TSUZUKU
#13 TSUZUKU
2020.09.18 LDチェア

食事だけでなく、食事後も座る椅子をLDチェアということがあります。LDとはリビングダイニングの略 こちらの椅子は今年に入ってから毎月コンスタントにお買い上げいただいています。大きな背に大きな座面。どちらかという…

続きを見る 過去の記事はこちら

CONTRACT法人のお客様へ

アイでは法人のお客様からの特注家具も承っております。
美容室や飲食店、医療施設や会社応接室で使う椅子やソファ、テーブル、棚など空間に寄り添う快適性の高い家具をご提案いたします。