tel.026-284-4455

お問い合わせ

BLOGブログ

出張

2019.08.02

消費者をやめて愛用者になろう

東京は中野市へ。

モノ・モノさんを訪問してきました。

工業デザイナーの秋岡芳夫(1920-1997)を中心とする

有志の集まり、「グループ モノ・モノ」

 

1970年代「生活用品の画一化、使い捨てが

暮らしの根底を揺るがす時代に

われわれは何をなすべきか、とことん話し合おう」と、秋岡芳夫が提唱。

それに呼応して集まったのはデザイナー、クラフトマン、編集者、

カメラマン、商社マンなど十数人。場所は東京・中野にある

マンションの一室でした。

2015年に改装されました。

改装されたとはいえ、歴史のある場所に踏み入れただけで

これまで積みかねてきた空気感を感じました。

 

現在の代表の菅村さんとデザイナーの笠原さんとの

いい意味での緊張感のあるお話が聞けました。

モノ・モノさんでは工業デザイナー秋岡芳夫氏がデザインした椅子だけでなく、同時期に活躍した豊口克平氏がデザインした、どっしり座れる

「トヨさんの椅子」を販売しています。

これまではこのモノ・モノさんでの販売のみでしたが、

この度、当店でも取り扱うことになりました。

 

あたらしいモノ

つくりながら、

ふるい、いいモノ

つくりのこそう

 

製作に2か月。

入荷しましたらお知らせします。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事

SEARCH

CATEGORY

NEW POST

RANKING

ARCHIVE

AI STYLE ROOM

家具が作る空間と居場所 AI STYLE ROOM

2階の展示空間を北欧、モダン、コンテンポラリーなど様々なスタイルに
合わせた家具を暮らしやサイズ感をイメージできるように展示するブースや
子供室、床座リビングのブースをがご覧いただけます。
各スタイルのブースには選りすぐりの温かみのある家具が展示されています。

詳細はこちら

お気に入りの椅子と暮らす

TSUZUKU
どんな椅子が日本人に快適か?
#3 TSUZUKU
2019.11.10 どんな椅子が日本人に快適か?

椅子は下着、上着に次ぐ第3の服とも言われています。体をしっかり支える椅子は服と同様、日本人の体型に合わせたものが必要になります。外国製の椅子の一部は大柄な体型に合わせて、座面の高さが高く、肘も高く、全体的に大きく作られて…

続きを見る 過去の記事はこちら

CONTRACT法人のお客様へ

アイでは法人のお客様からの特注家具も承っております。
美容室や飲食店、医療施設や会社応接室で使う椅子やソファ、テーブル、棚など空間に寄り添う快適性の高い家具をご提案いたします。