tel.026-284-4455

お問い合わせ

BLOGブログ

日々のこと

2006.12.22

スケッチ

リビングスタイリストの勉強と並行してスケッチの勉強もしています。

当店では特注のテレビボードやワードローブそういったものを提案する時に

お店のサンプル商品や図面(平面図)で提案します。

平面図だけではなかなかイメージが難しい時に立体図にして

提案するとわかりやすいと思ったからです。

パソコンソフトで3Dのソフトがありますが全体のイメージはつかめても

個々の商品がソフトに入っていないため限界があります。

簡単なスケッチでも十分に伝わると思います。

それにスケッチなので早くできます。

目標はお客様とその場で話をしながら家具のレイアウトと

空間の提案が出来るようになることです。

ただ空間を図面で表現することというのは思っていた以上に難しいです。

それでもコツコツ勉強してある程度できるようになったらご紹介しようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事

SEARCH

CATEGORY

NEW POST

RANKING

ARCHIVE

AI STYLE ROOM

家具が作る空間と居場所 AI STYLE ROOM

2階の展示空間を北欧、モダン、コンテンポラリーなど様々なスタイルに
合わせた家具を暮らしやサイズ感をイメージできるように展示するブースや
子供室、床座リビングのブースをがご覧いただけます。
各スタイルのブースには選りすぐりの温かみのある家具が展示されています。

詳細はこちら

お気に入りの椅子と暮らす

TSUZUKU
#14 TSUZUKU
2020.11.19 低座椅子

低座椅子。一般的な椅子よりも少し低めの椅子を低座椅子と呼ぶものがあります。1955年にデザインされた低座の名作椅子。デザインした豊口克平氏の名からトヨさんの椅子と呼ばれます。大きな座面と背もたれが腰から上半身を面で支えて…

続きを見る 過去の記事はこちら

CONTRACT法人のお客様へ

アイでは法人のお客様からの特注家具も承っております。
美容室や飲食店、医療施設や会社応接室で使う椅子やソファ、テーブル、棚など空間に寄り添う快適性の高い家具をご提案いたします。