tel.026-284-4455

お問い合わせ

お気に入りの椅子と暮らす

#15
TSUZUKU

低座椅子。

一般的な椅子よりも少し低めの椅子を低座椅子と呼ぶものがあります。

1955年にデザインされた低座の名作椅子。

デザインした豊口克平氏の名からトヨさんの椅子と呼ばれます。

大きな座面と背もたれが腰から上半身を面で支えてくれるので、長時間座っても疲れにくいのが特徴です。

 

人間工学的な研究を続ける一方で、人体を型にはめ込むような椅子のデザインには懐疑的で、「椅子は姿勢の変化に順応するものでなければならない」と述べています。トヨさんの椅子には、そんな豊口さんの考えが凝縮されています。

 

座面高。37cmという寸法は、靴を脱いで暮らす日本人の生活様式と、椅子に座った人と畳に座った人の目線の差を考えて導き出されたもの。

一脚の椅子で食べる、寛ぐ、作業するを兼ねるためにも、この座面の高さがベストと考えました。

 

 

椅子選びにおいて座るだけでなく、かかとがしっかりつく。

椅子に座るということはこれも重要なポイントです。

CONTRACT法人のお客様へ

アイでは法人のお客様からの特注家具も承っております。
美容室や飲食店、医療施設や会社応接室で使う椅子やソファ、テーブル、棚など空間に寄り添う快適性の高い家具をご提案いたします。