家具・インテリア・アメニティーショップ アイ

CONCEPT

無垢材の魅力

自然で優しい手触りが、
使う人にやすらぎを与えてくれます。
使うほどに味わいを増し、
質感や色合いの変化も楽しめます。

例えば、ナラ材は樹齢100~200年の木を使います。
森の中で、長い年月をかけて強く、大きくなった木々。
アイがおすすめするのは、
その一本一本を大切に作られた家具です。

時々、メンテナンスが必要です。
ちょっぴりデリケートな部分もあります。
でも、大切に使えば樹齢よりも長く、
その役割を果たすでしょう。
使った分、手をかけた分、その家具は応えてくれます。

無垢の家具には、そこで何年、何十年と過ごしていく
使い手の大切な時間が
木の表情となって刻まれていきます。
同じものは、世界に一つとしてありません。

いつまでも快適で心地よい毎日を送っていただけるように安全で安心、環境に配慮したものを選んでいます。

木の種類と特徴

ナラ材〔ブナ科 落葉広葉樹〕

アイで扱う家具の中で最も多い木。昔から家具を作る適材としてポピュラーです。北米産のオークは類似種です。

ウォールナット材〔クルミ科 落葉広葉樹〕

チェリー材〔バラ科 落葉広葉樹〕

メープル材〔カエデ科 落葉広葉樹〕

クルミ材〔クルミ科 落葉広葉樹

タモ材〔モクセイ科 落葉広葉樹〕

ビーチ材〔ブナ科 落葉広葉樹〕

塗装について

家具は塗装をすることによって汚れや乾燥による割れや反りを防ぎます。
椅子やテーブルを無塗装で購入して、ご自分でオイルを塗ってみるのも楽しいですよ。

オイル仕上げ

オイル仕上げは木の呼吸を妨げず、表面の微妙な凹凸を埋めることなく内部に浸透して自然な風合いを保ちます。使い込むほどに落ち着いた光沢が得られます。 テーブルでの使用時は水滴のついたグラスをそのまま置くとシミになりやすいので注意が必要ですが、塗膜を作らないので傷や汚れがついてしまっても補修が容易です。1年に1回はオイルの増し塗りをおすすめします。
アイでは椅子や小物の場合、お店に持ち込んでいただければオイルの増し塗りを無料で承ります。

ウレタン塗装

木の風合いを損なわない程度に樹脂塗装を施したもの。汚れや水分が木部に浸透する心配がなく、ふだんのお手入れはオイル仕上げに比べ簡単です。 ふだんは固く絞った雑巾で拭いてください。その後、乾拭きしましょう。汚れが目立つ場合はお湯で薄めた中性洗剤で軽く拭き取り、水拭きの後乾拭きしてください。
長い年月による傷や塗膜の摩耗等、修理が困難な場合がありますが、塗装が剥がれた場合は製作工場に戻し再塗装することも出来ます。 ※天板の素材によっては出来ない場合もありますのでまずはお問い合わせください。

ソープ仕上げ

ヨーロッパの家庭の中で家具や床の洗浄をするために石鹸を使用していたことから、自然発生的に生まれた仕上げ方法です。石鹸で汚れを取るのと同様に、木肌に石鹸の脂肪分がしみ込んで汚れにくくする塗装です。