家具・インテリア・アメニティーショップ アイ

BLOG

日々のこと

ケヤキ

今週も出張に行ってました。


ただ!今回はいつもと違います!

新築されるお客様から庭にあるケヤキの木をテーブルに

して欲しいと依頼がありました。


木を切る理由はそれだけでなく、

代々大切にされてたケヤキの木ですが、

枝が歩道に落ちることがあり、

歩行者の方に当たって万が一のことがあったらいけない。


しかし伐採し処分するのは忍びない。

というお客様の思いがあり、そこで何か形に残そうということで

テーブルを作ることになりました。


長さ230cm、直径約90cm。

樹齢は推定150年。重さは約2トン。3トン低床ダンプを借りて飛騨高山へ運搬。

伐採するのに時間がかかり、また雪が心配でしたが

道路に雪はなく、夕方に製材所に到着。


まずは一安心ということで飛騨牛を堪能。


翌日は製材です。


これもただ切ればいいということでなく、

最終的な家具に合わせて慎重に切っていきます。


一枚切るごとに丸太を見て、割れをや木目を確認し

厚みを変えて切っていきます。


製材したら家具メーカーさんに運びそこで

天然乾燥(約2年半)させます。


その後、人口乾燥(3~4週間)を経て

ようやく家具としての加工が始まります。


木を植えてから何百年という時をかけ、また伐採後も

2~3年という月日を経てようやく家具として

お店に届きます。


2年後の春にはお客様と一緒に飛騨高山へ行き、

最終的にどのようにテーブルとして作るか打合せ予定です。


今回は伐採~運搬~製材までと大変貴重な経験となりました。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心下さい。
全ての項目を入力の上、コメントを送信して下さい。

← 前の記事:
:次の記事 →