家具・インテリア・アメニティーショップ アイ

BLOG

家具のこと・お店のこと

ギャッベの取り扱い

今年の3月から本格的にギャッベの

取り扱いを始めました。

お買い上げいただいたお客様に

とってギャッベを敷いて初めて迎える

梅雨の時期。湿気が多い日が続くと、

「ウールのにおいが気になる」ことがあります。

じゅうたんを織る前の、羊毛を刈り取ってから毛糸に

するまでの間にどれだけ油脂分を洗浄したかが、関係します。

ウールのセーターを水洗いしても、多少のウールの

におい(ちょっと土っぽい感じ)があるかと思います。

ギャッベは、乾燥した砂漠地帯に住む遊牧民のものなので、

彼らは湿気対策など考えなかったかもしれません。

羊から羊毛を刈り取って、毛糸に紡ぐまでの行程は、

それぞれの部族、それぞれの家庭によってさまざまです。

脂分をとりすぎてしまえば、ガサガサした

肌触りになるでしょうし、

洗浄が不十分なら、ツヤは

あってもややニオイが残る・・・

 

今までほとんど気にならなかったのに

急にニオイを感じるようになった、ということであれば、

それは湿気を含んでいるから、と考えられます。

基本的には、とにかく乾燥した状態を保ってください。

週に一度は半分ずつめくって、

床面から離して空気を入れる。

可能であれば、晴れた日に、屋外へ出して

ホコリを叩き落とし、陽に当てて乾燥させる。

 

これだけでも、かなり効果があります。

お試しください。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心下さい。
全ての項目を入力の上、コメントを送信して下さい。

← 前の記事:
:次の記事 →